プラモデルもサルベージするのでござる

| コメント(0)


ここ数日の音楽CDまわりの作業がほぼ無駄なことが判明して(割れたケースの買い替え手配をしたり、クリーニングをしたのはいいけど、ほとんどがサンプルだということが、作業を終えた時点で分かった)、色々と腰砕けになりつつも、続けられるサルベージ。ちょいと気分転換も兼ねて、発掘したプラモデルの撮影をば。

スケールは戦車関連が1/76、海軍回りが1/700かな。そのものの造形をつくる楽しみってこと以外に、資料としての調達の意味合いもあったので、昔のものも色々と手掛けていたから、年代はかなりばらばらだし、新製品として購入したのでは計算が合わないってのも結構ある。まあ、ラインアップを見ると、色々と趣味がバレそうな感じだけど。

で、これらはすべて中身は手付かず。箱はさすがに汚れていたけど、クリーニングをしたら結構きれいな感じ。手元に残しておいても作るモチベも機材も無いので、あっさりと買取業者行きに。調べてみたら「買い取れません」ってことではないようなので、まとめて梱包用の箱に納めてオシマイ。

資料本では顕著なんだけど、この類のものって、定価と買取価格を比較すると、かなりむなしさを覚えるよね(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月 1日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「情報の質の変化による暴露化で「増えた」ように見えるのだろう」です。

次の記事は「平成から令和へ。元号の略称の工夫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30