情報の質の変化による暴露化で「増えた」ように見えるのだろう

| コメント(0)


自分のタイムラインの構成の仕方も一因なのかもしれないけど、ツイッターなどで定期的に目に留まる、道路での無謀運転とか狼藉者による脅迫行為とか、報道界隈の傍若無人な挙動。これって果たしてここ数年で凶悪化、頻繁化してきたのだろうか。印象としてはまさにそんな感じで、世の中急に騒がしく、おっかなくなってきたなという気もする。

けどよく考えてみると、それらの情報は自分がツイッターなりFacebookなり巡回サイトを利用するからこそ得られるものであって、なければ知ることはまずありえない。交通事故の例に限っても、警察庁などの統計の限りではここ十数年、二十年ぐらいかな、の間は毎年ほぼ減少を続けているし、状況はむしろ改善されているはず。

と、なると恐らくは、社会全体、世の中そのものとしてはよくなっているはずなんだけど、自分の手に届く情報、知りえる領域が増え、遠くを見渡せるようになったことで、たくさんの出来事が把握できるようになり、認知可能な情報が増加したことで、「騒がしくなってきた」「事案が増えた」と感じてしまうのだろう。色々な意味での可視化というものだな。

論議で勝てなくなると脅迫をしてきたり、リアルな場での対面で制圧する。実名主義と合わせ問題視されている話ではあるけど、これもまた、脅迫や対面制圧自身がしやすくなったというのもあるけど、以前からそういう界隈は日常茶飯事的に行っていたまでのことで、最近になって可視化されただけなのだろう。

悪事であろうと何であろうと目に留まりやすく、情報として掌握されやすくなる。その分、受け手側がちゃんと精査して正しい判断をしなきゃならなくなる。情報の質の変質ってのが、あらためて認識できる実情ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月 1日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「麻生氏の難聴と「報道」姿勢と」です。

次の記事は「プラモデルもサルベージするのでござる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31