反ワクチンの非ワクチン接種行動は存在自身が罪悪になりかねない

| コメント(0)


先日画面で記した「ワクチン非接種者の割合と感染の広まり具合」の話の詳細解説みたいなもの。数理的な確率論のお話であり、それが具体的にどのような罪悪となるかが分かるGIFアニメとなっている。

ライフゲーム辺りを知っていればこの辺の話はすぐにピンとくるはずなのだけどね。結局のところ、本人自身が判断をすれば、自己責任で主義を通せばいいというものは、あくまでもその本人で事象が完結する場合の話。感染する病理の場合、本人が罹患してオシマイではなく、その罹患した人が他人に感染させる病原体の役割をもはたしてしまうことになるわけだ。思いっきりラフな表現だけど、かまれるとゾンビになるゲームで、対抗手段を持っていないプレイヤーが多いと、あっという間にゾンビになるプレイヤーが増えてしまうという感じ。ワクチンを接種している人は物理的な攻勢防壁(この表現でいいのか?)になるわけだ。

ワクチン接種は接種した本人だけでなく周辺の、そして全体の利益にもつながることになる。自分の主義主張で拒んでいると、他人にまで迷惑をかけてしまうことになるってのは、まさにこれを指しているのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月 4日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「10連休前の準備事項」です。

次の記事は「高齢者の無謀道路横断による事故が相次ぐとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31