新年度は出会いの季節、だからこそ注意したいフレーズ

| コメント(0)


先日も新しい生活を迎えるにあたって新環境でそわそわしていると悪い人達のアプローチを受けて大変なことになっちゃうよ的な話をしたけど、その類の勧誘の典型事例がこの一覧。まぁ、他にもまだまだたくさんあるけど、大体雰囲気的にこんな感じだし、これらのフレーズをアラートワードとしておけば、結構高い確率で危ないところからは避けられそうな感じではある。

...というか読みなおすとアレだな。楽して生活したいかい? という悪魔のささやきでしかないよな、これって。洗剤は別だけど。そして多分に新興宗教なりインチキ商法の勧誘言葉だったりする。

そして思い返すに、例の「まだ消耗しているの?」の界隈って、このフレーズを使いまくりだったりするんだよね。要はこの類の非常に分かり易いケースだったりするわけだ。ホント、どうしてあのような話に乗せられるのかねえ......と思ったけど、あれに引っかかるぐらいなら、仮にそれ自身を止めたとしても、他の似たような話にもすぐに乗ってしまうのだろうな。仕方が無いけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月 3日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今年のゴールデンウィークは暦の上でプラチナウイークレベルの話」です。

次の記事は「お菓子のコンビニ転生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30