まんが4コマぱれっと 2019年6月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2019年6月号
↑ まんが4コマぱれっと 2019年6月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「すのはら荘の管理人さん」。なんか背景が写真との合成ってこともあるのか、別物の作品のように見える。それにしても巻頭カラーのスターマインの紹介として叶得さんのカットがあるのはいいんだけど、その表情はどうだろう。

■スターマイン...久々の巻頭カラー。志染さんが半透明で幽霊状態とかイカの刺身みたいな感じだなと思ったら同じつっこみが。前回から合わせ色々と設定明かしとか。前回消えたのか見えなくなったのか分からなかった陽上あかりさんはやっぱり消えてしまったのだな(今回も一コマだけ登場)。ストロマ先生の性質、作品でのこれまでの傾向から見るに、今回の設定明かし部分である程度終わりまでのブロットが出来上がった気がするのだけど、さすがにこれは封印しておこう。まぁ、伏線はこれまでも山ほど張られていた、と。少なくともハッピーエンドになるのは確か。
■となりの布里さんがとにかくコワイい。...単に怖いのじゃなくてツンデレ感が強いってのがポイント。けど「ツイッターでも大好評」ってのは正直カッコ悪い。コマ割りの試験運用をしているようで、ワイド化どころじゃなくて、これ、普通の漫画だな。
■未確認で進行形...宇宙食を宇宙人の食べ物とする解釈は斬新すぎる。宇宙人の肉を使った食べ物ってよりはマシか。写真の人物は色々な意味で伏線なんだろうな。
■隣人を妹せよ!...化石彫り。当方もやったことが多分にあるので懐かしさを覚えるお話。なんかオマケの部分がワイド化していて、ちょっと違和感。
■氷室の天地...寝る天才、復活。しかし今回の偉人もマイナー過ぎて、誰一人(?)として知らぬ。そして上には上がいる、というかストーリー上、どうしてもメインキャラにはかなわない。


「アイドルマスター」は最終回。「やさしい教師」「犬上さん」「オトナいろ」はお休み。「氷室行進曲 冬木GameOver」は隔月連載のためお休み。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月22日 13:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ネット上での実名至上主義の怖さ」です。

次の記事は「一歩外を出たら油断大敵、常に敵に囲まれていると思うべし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30