一歩外を出たら油断大敵、常に敵に囲まれていると思うべし

| コメント(0)


忍者とかスパイもののシキタリじゃないのかという誤解をしてしまうかもしれないけど、あながち間違っている話では無いし、無意識のうちにそのような対応を出来るようになるのがベストかな、という感じではある。

敵に囲まれているから常に攻撃せよ、というのではなく、専守防衛的なものと考えればいいんだろうか。まったく敵対心を持たない第三者でも、いつなんどき突然敵性行動をとることがある。それが意図的であるか否かは別として。例に挙げられているように、自動車がちょっとしたはずみで歩道側に突っ込んできたり、駅のホームで並んでいる後ろの人が押し込んでくる可能性はゼロでは無い。

端から見聞きすれば用心過ぎるとか心配性だと笑われるかもしれない。その防御行為で日常生活に支障が生じるのではみもふたもない。例えば花粉症が困るから無菌室を作って自宅に閉じこもるとか、外出する時は宇宙服を着るとか。そういう極端な話ではなく、気軽に出来る気が付いた範囲での事前対応って、結構重要じゃないかな、という感はある。

実のところ、信号待ちの時にワンクッション置くような障害物のそばにとか、駅のホームでは真ん前に立たないとか立つ場合にしても足を前後に配して押し出しの力に対応できるようにするってぐらいならば、当方自身も半ば無意識にやっている。

子供が理解しにくいとか、いやがるっていう場合、ニンジャみたいな感じだよってことで説明すればいいのかもしれない。むしろなんかカッコいいよね、的な。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月23日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんが4コマぱれっと 2019年6月号読了」です。

次の記事は「新札発行でタンス預金が引き出されるかもという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31