人生はいつでも前向きに。自分に呪いをかけるのは愚か者

| コメント(0)


先日、人は35歳を過ぎると新しいものを取り込めなくなる、排除したくなる的な話があって、それを元ネタにしたっぽい流れ。35歳以上は年齢的にダメだからあきらめろ的な話があり、それに対するツッコミ。まぁ、実のところ、人の経験や記憶が選択や行動にブレーキをかけることは否めないし、心身ともに老化が始まれば、その観点では以前と同じようなことが同じようにできると考えるのは無理がある。

けれど、それと自分の行動を押しとどめてしまうってのは別の話だし、情報のアップデートができなくなるってのも単なる言いわけでしかない感はある。やるのが少々おっくうになるだけで、できなくなるわけじゃない。むしろそれを理由に放棄してしまうのはもったいない。


このへんの話はなってみないと分からないけど、個人的にはただぼんやりと待つだけってのは、非常にもったいない話には違いない。むしろやりたいことが山ほどありすぎて、いくらやっても追いつけないぐらいの方が、ずっと楽しい時間を過ごせるに違いない。ましてや、自分に「もうだめだ」と呪いをかけるのは、愚か者の所業でしかない気がする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年3月22日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「異世界物のいまむかし。行ったきりと戻ってくるのと」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2019年5月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31