すき家で豚生姜焼き丼・朝食発売

| コメント(0)
食卓の定番ともいえる"生姜焼き"を丼で気軽にお召し上がりいただける「豚生姜焼き丼」は、すき家こだわりの「生姜焼きのタレ」が、豚肉とシャキシャキの玉ねぎに絡んだ、食べ応え抜群の商品です。爽やかなしょうがの香りが食欲を掻き立てます。

「生姜焼きのタレ」は、たっぷりのしょうがを使い、隠し味にオイスターソースとホワイトペッパーを加え、旨みとコクを深めました。
生姜焼きとの相性も良い、マヨネーズ(+30円)をお好みでプラスしてお召し上がりいただくと、よりガツンと濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。


生姜焼きというと「とんでもスキルで異世界放浪メシ」の最初に出てきたメイン料理も生姜焼きだったよなあという話を思い起こすなど。調理方法は比較的容易だけど奥が深く、ご飯との相性が良すぎて困っちゃうぐらいの、食卓というよりは定食屋さんの定番メニュー。

すき家の場合はすき家独特の味付けがどこまで生姜焼きにマッチしているのかが気になるところ...ではあるのだけど、丼ものだと写真の通り、本当に生姜焼きオンリーなので、ちょいと寂しいというか何か物足りない。

生姜焼きってのは肉そのものはもちろんだけど、キャベツなどの野菜がどんっと添えてあることで、初めて完全な形になるんだよねえ。生卵は別にいらないけど(笑)。ということで、食べる機会があるのなら、是非とも朝食の方をいただきたい。

でも何で定食では無くて朝食のみでの提供なんだろう。調理上の問題からかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年3月15日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「うっかり重ね買いをした時の発想の転換」です。

次の記事は「ブルボンからチョコスナック「きこりの切株ほろにがカカオ」登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31