電化製品は電池を抜いてからしまいましょう

| コメント(0)


先日のサルベージでのお話。ゲームボーイポケットに変な模様というか色剥げ的なものがあり、カビが生えたのかなということでマスクを装着し、薬品などを取り扱う時に使うビニール手袋をつけた上で精査。

なんかカビにしては本体にべったりついているなということでふたを開けてみたところ...


いわゆる乾電池の液漏れ状態。漏れた液が伝わって本体を包み込んでえらい状態に。恐らくは基盤あたりにも浸透してしまったようで、一応接点部分のクリーニングをして電池を入れ直してみたけど、稼動はせず。残念ながらこれは廃棄以外の手立ては無し。

電池の液漏れっていうのは話としてはよく聞くけど、実物でここまでひどいのは初めて見た。まぁ、その類のトラブルの具体例的な写真を撮れただけでも意義があったと思えばいいのか(ポジティブシンキング)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年2月11日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「情報の発信はプライベートの露出にもつながる」です。

次の記事は「アマゾンのレビューのトラブルの法則、一つ判明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28