2015年時点での小中高校生のコンタクト利用率

| コメント(0)


子供の視力の実情や、眼鏡やコンタクトレンズのような視力矯正機器を使っている人の割合は文科省の調査で分かるのだけど、それではコンタクトレンズに限るとどれぐらいの人が使っているのかなあということで、日本眼科医会の不定期定点観測調査を。以前は2012年時点のものだったけど、調べ直してみたら2015年分のが挙がってた。

状況としては2012年よりちょっと増えたかな、という感はある。ただこれって単にコンタクトレンズを使っている人の割合で、眼鏡と併用なのか否かは分からず。この該当者が全員眼鏡は使っていないってわけじゃないからね。高校生では1/4超がコンタクトレンズ使用中。女性の方が多いのは、眼鏡を忌避するところがあるからだろうか。


流通量の問題とか、価格の下落を受けてなのだろう、コンタクトレンズの利用の中でも、1日使い捨ての利用者が増えている。利便性を考えたらいきつくのはそこなんだろうなあと思いながら、同時に使い捨てで使われる身体のパーツってことで表現すると、なんだか未来にきたような感覚を覚えたりする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年1月 9日 06:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「不当コピー品が本物を食いつぶす」です。

次の記事は「語り伝えられるエンタメ界隈のあれこれと記憶違いと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31