Yahoo!ニュースのツイッターアカウントの書式変更

| コメント(0)


ツイートされているニュースは特段変わったものでは無いけど、ちょいと違和感を覚えた系当職。これだけかなと思ったら、他のニュースもずっとこの形式だったので、ああ、内部的な方針が変わったのだなと実感。

【】内のタイトルは、タイトル一覧などで表示される13文字以内の短縮型のもの。記事そのものをたどると従来の記事タイトルが長めのものとして合わせて表示される。先日のイベント以降、Yahoo!ニュースのツイッターアカウントにおけるニュースのツイートは、この短縮型タイトルのみのテキストとなった。


これまではこんな感じで、短縮タイトルにダイジェスト的な内容が記述されていたんだよね。ライブドアニュースのざっくり言うと的なもの。

ツイート内にダイジェストが入ると読みやすく分かりやすいけど、その分、そのダイジェスト部分だけで満足してしまい、ニュースそのものへの遷移が低下する可能性がある。同時にダイジェストから興味を抱いてクリック率が上がる可能性もあるのだけど、どちらもありうるので一概には良し悪しは言えない。

ただ、スマホで見ている人が多く、しかも多数のニュースをざっと読むスタイルの人が増えているとなれば、ツイッターのタイムラインだけでダイジェスト的なものが分かれば、それで満足してしまって読まない人が増える可能性の方が多いかもしれない。電車のつり革広告での雑誌広告のコピーで満腹、的な。

それにヤフーの13文字以内の短縮型タイトルって、元々最低限の文字数で興味を引き付けるというスタイルに沿ったものだから、ツイートからリンクをたどって本文へ誘導したいという観点では優れたものとなっているわけで。わざわざよけいなものを足す必要は無いし、リソースの無駄だってことになる。

正直なところ、この辺りは実証実験中じゃないかなあと思ったりもするのだけど、ならば期間を区切って実験してみるとか、これまでのダイジェスト付とタイトルのみの2パターンを混ぜて配信するような気もするけど、真相は分からない。

一般受けとしてはどっちの方がいいのかなあ。短期的問題だけでなく、中長期的な効用の観点でも知りたい所ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月15日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「危険なパスワード2018年版もトップは123456」です。

次の記事は「乾燥と火の用心」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31