危険なパスワード2018年版もトップは123456

| コメント(0)
パスワード管理サービスを提供する米SplashDataが12月13日(現地時間)、インターネットで漏えいしたパスワードの中でも多用されている「最悪なパスワード」の2018年版ランキングを発表しました。1位は「123456」、2位は「password」と、上位2つは6年連続同じ結果となりました。

米SplashDataの危険なパスワードランキング。漏えいしたパスワードを基に危険なものを確認するという、ある意味実地データを取得した上での精密さの高い結果ではある。

このデータ、毎年公開されているのだけど、2017年ではスターウォーズの映画公開とだぶったこともあり、スターウォーズ的なインフォグラフィックスを作ってそれで発表を終わりにしちゃったので、記事には出来なかったんだよね。で、今年は元に戻って普通のデータ公開のスタイルに戻った次第。これなら後追い記事をちゃんと書ける。

まぁ、パスワードが数字の羅列になるのは、言語圏は関係ないし、覚える必要も無いから楽だよね、という事なんだろうな。見方を変えれば総当たりアタックで、この辺のパスワードは狙われやすいってことでもある。身に覚えがあるものを目にしたら、今からでも遅くは無いのですぐに変更するように。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月15日 07:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「連載物の単行本と紙媒体と電子媒体との関係の話」です。

次の記事は「Yahoo!ニュースのツイッターアカウントの書式変更」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31