自分の強みを他人に教えてもらう策

| コメント(0)


自分の強みは単純に数字上の問題だけでなく、他人と比較して相対的に良いか否かで決まることも多い。自分はさり気にやっていることが、他の人にはなかなかできないことであって、他人に指摘されて初めてそれが自分の強みであることに気が付いたって具合。その類の強みってのは、自分ではなかなか気が付きにくい。何しろ毎朝の洗顔や就寝前の歯磨きと同じぐらいに当たり前のことなのだから。

だから自分のしている人は何気ない事でも積極的にアピール...というか表明しておいた方がいい。そうすることで他人の人に強みである事を指摘してもらえる可能性が高まる。その点で、ソーシャルメディアによる可視化ってのは、モノスゴイ能力ではある。

同時に、他人のすごそうなところを見かけたら、遠慮なく意思表示をしたい、してあげたいところ。思っているだけでは相手に伝わらない。他人から教えられて、はじめて気が付くことって、結構多い。


「自分にとっては普通のことも、他人にとっては価値がある」。すべてがってわけじゃないけど、そういうことって結構あるもんだよね。

だけどそういう助言に巡り合えるか否かってのは、多分に運による。だから幸運のダイスの目が出るまで、出来るだけ多くのダイスを振ることが出来るよう、積極的に意思表示をしていく必要があると思うのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月31日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソーシャルゲームの運用の難」です。

次の記事は「普段いない人がいる状況、帰省で気を付けること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31