普段いない人がいる状況、帰省で気を付けること

| コメント(0)


年末年始は田舎に起床してゆっくりと...っていう人も多いはずだけど、その際にダイナミック注意してほしいこと。子供が一緒に田舎に帰る時には、普段子供がいない環境で時を過ごすことになるので、子供の事を配慮していない状況での生活となるから、想定し難い事案が発生するリスクがある。

大人なら分かっているはず、という前提の環境でも、子供がそこに足を運ぶとえらいことになりかねない。子供は大人が知っているはず、無意識に対応するという判断を下すための知識や経験をまだ得ていないのだな。しかも出先で何かトラブると、行きつけの病院は使えなくなってしまう。大抵は帰省先って遠くにあるから。


はちみつとかアレルギー関連の食品とかもそう。こちらはむしろ大人の無理解から生じ得るリスク。くれぐれも注意してほしいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月31日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自分の強みを他人に教えてもらう策」です。

次の記事は「旅行と現場至上主義と出羽守と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31