「週刊大衆」の猫版「週ニャン大衆」が登場する

| コメント(0)
隅から隅までかわいいネコが満載の週刊誌風ネコ雑誌『週ニャン大衆 vol.2』(双葉社スーパームック)が12月26日(水)、ついに発売されます!スーパーボランティアのあの人が、猫に朝食をネコババ!されたり、ネコ科の猛獣と暮らす「激レアさんに会ってみた!」り、アンジェリーナ・ジョリー、ミランダ・カーなど海外セレブそっくり!?の猫が登場したり......。週刊誌さながらのニュースやグラビアが盛りだくさん。年末年始のお供にぜひ『週ニャン大衆』を!

猫や犬が登場する商品は必ず受ける、ネットは拡散能力が大きいので特に受けやすい、的な話をキャットマーケテイングとかいう名前で定義づけたというネタ話は以前したような記憶もあるのだけど、確かに飼い主はもちろんそうで無い人も、愛玩動物、さらには友的存在な猫や犬は、テーマにしただけで非常にウケが良いことは否定しない。当方も同じ商品ならば猫関連の方がいいよねーと思うし、小物コーナーに目をやると必ず猫関連のをチェックしたりする。

で、大衆紙ではここ数年、自紙のフォーマットを用いたパロディ的な犬猫雑誌、特に猫関連の雑誌を別冊として出す機会が増えている。実際に売れているのだろうしリクエストも多いのだろうなってのは容易に想像がつく。昔はネット上のコラージュとしてこんなものが出たら面白いよねという話はあったのだけど、実体化すると色々と複雑な心境になる。公式がパロディコラをやるような。でも面白いのだからこれでよし。

この類の雑誌ってよほどのことが無い限り増刷はしないし恒久販売はしないから、欲しいと思ったらその時に必ず確保しておかなきゃならない...ってああ、それもまた出版側の思惑なのだろうな。うむ、罠と分かっていても欲しいのは猫好きの性ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月21日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「食べられる緩衝材は実在する」です。

次の記事は「CRTを斜めに埋め込む机」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31