中古ゲームソフト向けの雑誌とかあったんだな

| コメント(0)


一昨日に突発性の歯のトラブルが生じて慌てて予約を入れ、昨日はその治療のために時間をもらったこともあり、自宅で作業ということに。それも早めに切り上げてちょいとばかり実証実験も兼ねたサルベージ。実証実験そのものはもう少し検証を重ねた上で別口で記事にするかも。

で、今回探ったのはこのユーズド・ゲームズ。名前から分かる通り、中古ソフトの専門誌。色々と市場関係者の話を聞いたり購入テクニックのあれこれを説明したり、良いソフトのピックアップをしたりと結構意欲的な雑誌ではあった......けど、確かこの前後にゲームソフトの中古はアカン的な裁判結果が出たような気もする。その点ではかなり挑戦的なものだったんだろうな。

まぁ、これは保存しておくまでのものはないのかも。


ゲーメストとかアルカディアとかアーケードゲーム系の雑誌が何故か保全してあったりもする。なんでだろう。カタログ系は残しておくつもりで買ったのだけど、気が付いたら忘れていたというよくあるパターン。色々と感慨深いけど、この類のは一冊あればいいので、あとは市場に流した方が世のためだろう。体験版のサターンソフト大全とかも、結構アレな感じがする。サターン自身、もう手元にないし(汗)。


インターネットが世間一般に幅広く浸透し始めたのは2005年ぐらいから。従来型携帯電話によるところが大きくて、さらにいえば今のような形で普及しはじめたのは2012年ぐらいからでスマホによるところが大きい(震災が大きな後押しになった感もある)。

その観点では1997年時点のインターネット界隈の話が詰まっているってのは、非常に貴重なものなのかもしれない。これは保存。


2011年のファミ通もあって、なんで中途半端なこの時期のが残してあるのだろうと思って確認したら、震災時の自主規制の記録だったんだな、と。確かこのブログでも記事にした記憶があるし、探せばもう少しまとまった数が保存してあるかもしれない。もっと薄っぺらいのもあった気がする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年11月28日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「災害と緊急地震速報とかSNSとかの実情」です。

次の記事は「マナー業界って結局は情報商材の派生形みたいなものだよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31