サークルK・サンクスが消滅した日

| コメント(0)
世界でも類を見ない約5,000店のブランド転換を全社一丸で実施!サークルK・サンクスからファミリーマートへのブランド統合完了へ


~「One FamilyMart」として、これからも地域に密着した店舗づくりを進めてまいります~株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:澤田貴司)は、2016年9月の統合を受け、「サークルK」、「サンクス」から「ファミリーマート」へのブランド転換を全社一丸となって進めてまいりました。このたび、2018年11月30日(金)をもって、国内全てのサークルK・サンクス店舗の営業が終了し、ファミリーマートへのブランド統合が完了いたします。


コンビニ店舗数動向の記事でも言及しているけど、ファミリーマートがサークルK・サンクスを吸収して店舗を逐次置換などする作業が、2018年11月30日で終了する。一部再建築などで開店が12月以降にずれ込むところもあるけど、とりあえずサークルK・サンクスというお店はこれで無くなることになる。本来はもうちょっと早い時期に終了する予定だったけど、結局ここまでかかってしまった次第。

規模の大型化とか集約という観点では、ファミマ化へのメリットは多い。コスト削減とか無駄が無くなるからね。他方、多様化で得られる利便性の観点では、集約されてしまうのはちょっと残念かな、という気がする。没個性というか、選択肢が減るとか。当方の行動領域内のサークルKもファミマに変わったけど、何だか埋もれてしまった感が強い。「ブランド転換をした店舗では、1日あたりの売上および客数が平均で約10%伸長している」とあるけど、今後はどうなるのかな。

ともあれ、これで大手コンビニの一つだったサークルK・サンクスは表舞台から姿を消すことになる。過去に存在していたもの、としてのみ語られるというのは、やっぱりちょっと寂しいかな、というのが本音だったりする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年11月30日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ガリガリ君 冬の新作 バナナ味」です。

次の記事は「失礼クリエイターな創作マナーのあれこれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31