ハーゲンダッツの新作は紫いもだよ

| コメント(0)
ハーゲンダッツ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:栗原信裕)は、ハーゲンダッツ マイスイート『紫イモのクレームブリュレ』を11月6日(火)より、全国のローソンおよびナチュラルローソン(合計13,548店:2018年9月末現在)で期間限定にて新発売します。紫イモソースの入った紫イモアイスクリームの上に、パリパリとしたカスタードチョコレートをのせ、天面にカラメルソースを重ねました。ほっくりとした味わいの紫イモと、パリパリとした食感が楽しいカスタードチョコレートコーティング、香ばしくほのかな苦味が味わえるカラメルソースで、この時季にぴったりのクレームブリュレ※を表現しました。

クリームブリュレって何だろうと思っていたら、資料に説明があり、「カスタードクリームの表面を香ばしくキャラメリゼしたフランスのデザート」とのこと。そういやミスドにも似たような雰囲気のスイーツが出ていたような気がする。要は火で表面をかりかりにあぶったカスタードクリームってわけか。食感が超よさげじゃん。

ってそれをカップアイスでそのまま表現するわけにはいかないので、パリパリ感のチョコを載せて、その上にカラメルソースを重ねたわけだ。頭いいな、これ。ただ、パッケージのイメージイラストと、実際のアイスの見た目がどれほど違うのか、瓜二つっぽいのか、ちょいと見てみたいところではある。

紫いもが素材となると、何だか和風っぽさを思わせるけど、パッケージデザインはむしろ高級感がもりもり湧いてくる感じ。なんかオシャレでリッチな雰囲気が伝わってくるな。味がどれほどのものか、是非とも試してみたいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月30日 06:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「検索すればいいから知識や教養は要らないよ」『その検索に知識や教養が必要なんだが』」です。

次の記事は「絵描きが絵を描くことで息抜きできる理由が分かった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31