「報道内容が事実だとすれば」スタンプ

| コメント(0)


先日の北海道での地震に伴う停電に関して、同地の大手スーパーが北海道電力に損害賠償請求訴訟をするぞという北海道新聞の朝刊一面の記事。大手スーパーの所業が色々と探られてツッコミが入った翌日に、「ちがうよ、全然ちがうよ」との反論リリース。

訴訟はしないというリリースが出た以上、それが体現化されればその話は事実となるのだろうけど、それでは報じられた内容はまったくのフェイクだったか、それとも内々で色々と詰めてリークの形で出したら反発が大きかったので無かったことにしたのか、色々とパターンは想定できるし三流小説のプロットが一本は出来そうだけど、真相は闇の中。週が明けてまた動きがあれば話は別だけど。

何が事実なのか、特に報道経由の情報では一次ソースで確認できない限り「報道の内容が本当だとすれば」を必ず枕詞に使わねばいけない時代になりそうだな、という気が強くしたのが今件での話。ソーシャルメディアでは文字数がもったいないのでイメージカットでも作りましょうか、的な。


一応作ってみた。面倒くさいけど仕方が無い。(まったく、全然)伝えられていないという表現を使うと、例のファクトチェックな界隈が大騒ぎするので、おおよそ、多分になどという表現を使わねばならないのと同様、難儀な時代には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 9日 07:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「お酒の自動販売機がダイナミック減少中」です。

次の記事は「しっかりと今の仕事をこなしていけば、何となく領域は拡大していくという説」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31