レジ袋の有料化のさらに推し進め的な動き

| コメント(0)
原田義昭環境相は4日、報道各社のインタビューで、海洋汚染が深刻なプラスチックごみの削減のため、小売店などで配布されるレジ袋の「有料化を義務づけるべきではないか」と述べ、実現に向けて検討する考えを示した。関連する業界団体に協力を呼びかける姿勢も示した。(

レジ袋を有料化する話は確か2010年だかもうちょっと前だかに一度ムーブメントがあって、エコバッグがどうとかいう運動も盛んになったり、一部スーパーなどでは有料化する結果となった。「1枚五円になりますがよろしいですか」ってのは会計時の常套句。

で、何で今頃ということで見てみたら、例のプラ製ストロー絡みで大騒ぎして「戦果」を挙げた動きが波及した雰囲気がもりもりと。個人的にはむしろ、エアガンの弾のように自然に還る材質のレジ袋を開発した方がいいような気もするけどねえ(もうすでにあったりして)。

セブン-イレブン・ジャパンは、レジ袋の有料化を検討する方針を明らかにした。プラスチック製使い捨てストローの代替も検討する。海洋プラスチック汚染問題で、使い捨てプラスチックに社会が厳しい目を向けるなか、対応を急ぐ。実現すればコンビニ大手としては初の試みで、他のチェーンの追随も予想される。

で、時を合わせてこんな話も。本文を読むとやはり例のストロー事案がトリガーとなっている雰囲気もあったりする。言ってることは悪い事じゃないのだけど、何だか踊らされているような気もして、もやもやすることは否めないのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 5日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「戦史関連の資料本の処理をどうしようか思案中」です。

次の記事は「Vtuberを気軽に自作できるスマホアプリ「カスタムキャスト」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31