茶封筒用修正液なんてものがあったのか

| コメント(0)


修正液ってのは原理的には消すのでは無くて地と同じ色のコーティングをして上書きするようなもの。だから修正液の色が地の色と違っていると、大間抜けなお話になる。まぁ、修正したいという意図は通じるけど。

で、そのような状況向けということで、茶封筒用の修正液があるとのこと。これなら確かに修正した場所があまり目立たない。少なくとも普通の修正液を使うよりははるかに良い。

......でも、茶封筒なら新しい封筒で書き直した方が早くないかな、という気もするけど(笑)。


アマゾンでも確認できた。まぁ、色々な事情で新しく茶封筒を卸してくるってことができないケースも皆無とはいいがたいので、1つ用意しておくと「こんなこともあろうかと」というのができるかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 3日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アクロバットリーダーのアップデートが行われたようです、が...」です。

次の記事は「森永牛乳プリンは終売にあらず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31