来年の花粉はえらいことになりそうという予報

| コメント(0)
ウェザーニューズは10月1日、2019年の花粉飛散量の予想を発表した。全国平均で平年の6割増となり、花粉飛散量が少なかった18年比で2.7倍に達する見込みだという。18年の猛暑により、花粉を飛散させる雄花の成長が促進されたため。特に東日本を中心に大量飛散の恐れがある。

例えば今年の蚊の被害のように明らかに違うよなという体感が出来るレベルならともかく、花粉の量は目に直接見えるわけでも無ければ、くしゃみや鼻水、目のかゆみは多かれ少なかれ生じてしまうのだから、2倍程度は別にかまわないのでは......というか仕方が無いのではと思うのだけど、具体的に数量として2.7倍と出てくると、やはり精神的なダメージが大きいよな、と思う。

花粉の量は前年の気象状態が影響するわけで、今年は猛暑がプラスに働いたとの解説がある。まぁ、お天道様の所業はどうしようもないから、こればかりは仕方が無い。

ただ、今年は花粉の量が比較的少なかっただけに、それとの比較となると余計にダメージを覚える。「関東地区では平年の2倍以上、18年比で最大で6倍以上となる恐れがある」ってさらりと書いているけど、どうしたもんだかなあ、これ。本当に春先は北海道や東北に疎開した方がいいんじゃないかと実感している人も少なくないような気がする。それとも完全防護服とかが流行るのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 2日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「検索しても本来欲しい情報が手に入りにくくなっているよね、という話」です。

次の記事は「「Yahoo!ジオシティーズ」が2019年3月に終了するとのお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31