9月に「台風祭り」を新設してはという提案

| コメント(0)


夏祭りは8月だし収穫祭の類は10月に入ってからが多いし、確かに9月に大規模な祭りってあまり見かけないよねえ、でも台風とか一杯くるし、だったらそれをお祭りの素材にしてしまい、防災啓蒙的な意味合いを持たせてみれば、という話。まぁ、9月1日に関東大震災があったことから、元々防災の日として定められてはいるのだけど、それを防災月間として拡大してしまうのもよいかもしれない。

天災の類は色々とある。9月なら台風が筆頭だけど、地震とか山崩れとか津波とか色々とある。その類の備えを再確認し、疑似的な訓練も行う。

台風とリンクさせる意味でのコロッケにスポットライトを当てるってのもいいよね。非常食の再検証とか食べ方の実演とか、確かにできることは色々とある。要は備えに対して、何かきっかけを作ればいいわけだ。ルーチン化してしまえばあとは楽だからね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 8日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「手のひらピカチュウをきれいにしました」です。

次の記事は「「粗削り」「概略」とはかけ離れた報道の実態」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31