絵本「しらゆきひめ」をサルベージ

| コメント(0)


実家のお片付けをしていた際に捨てたり古本屋に流すのはどうだろうということでホールドしておいた書籍群から、とりあえず絵本の「しらゆきひめ」を回収。背表紙がヘタレていたり、中に一部鉛筆でラクガキのようなものが確認できたけど、一応全体的には整った形。

世界名作えほんシリーズなるもので、出版元はポフラ社。昭和54年11月の発行。作画は池原成利氏。


で、この作画の【池原成利氏のことを調べてみたら】、手塚プロダクションに入社してアシスタントの経験もあり、手塚氏と絵柄が似ているという事で代筆なども行っていたそうな。しかもいまだに現役。スゴイ。

今現在の価格はオークションサイトを見ても1000円の入札で落札者がいない、という程度。これ、下手に売りに出すよりは、そういう本の研究をしている人に贈呈した方がいいんじゃないかな、という気がする。例の国立メディア芸術総合センターが出来ていればあるいは...と思うのだけど、過去の事は悔やんでも仕方なし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月28日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ミスドの新作はクリームブリュレドーナツ...ってドーナツなのか、これ」です。

次の記事は「メアドの流出被害を確認できるサービス「Firefox Monitor」、Mozillaが無料提供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30