メアドの流出被害を確認できるサービス「Firefox Monitor」、Mozillaが無料提供

| コメント(0)
米Mozilla Foundationは9月25日、自分のアカウント情報が流出していないかどうかをユーザーがチェックできる無料サービス「Firefox Monitor」の正式提供開始を発表した。Firefox Monitorのサービスは、専用サイトの「monitor.firefox.com」を通じて利用できる。ユーザーが自分の電子メールアドレスを入力すると、流出被害が確認されている情報のデータベースと照合して、もしそのアドレスが含まれていれば、該当する流出事案の名称や日付を表示する。この場合は、パスワード変更などの対策を取ることが推奨される。

要は過去のメアドを含む情報流出に絡んだデータを蓄積し、それを参照させるサービス。データの蓄積をしておくと、こういうこともできるのだよという好例。ただ、今後も流出事案を逐次精査してデータの更新をしなきゃならないのは面倒くさいお話ではあるし(解消法を考えなくてよいので、その点ではウィルススキャンよりは楽だけど)、万一このサービス自身に登録したメアドが流出したらお話にならないけどね。


具体的にメアドを入力して精査すると、過去の流出事案に該当していなければよかったね、そうでなければオーノー残念、こんな事例で該当してこのパラメータが流出したかもしれません、的な表示がでる。

流出したかもしれない云々ってのが出たら、そのサービスで使っているメアドに連動するパラメータはすぐに変える必要がある。とりあえずパスワード。また、総当たりハッキングの元ネタに使われている可能性があるので、該当サービスにおけるID(ユーザーネーム)やメールアドレスとパスワードの組み合わせを他のサービスでも流用していたら、そちらも即時変えておいた方がいい。

まぁ、面倒な話ではあるけど、被害を受けてからでは遅いからね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月28日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「絵本「しらゆきひめ」をサルベージ」です。

次の記事は「まんがタイムきららキャラット2018年11月号 読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30