中古とかオークションでの利用注意点

| コメント(0)


色々なオークションサイトや中古品の調達ルートが増えて、中古品やオークション品の利用が当たり前になった昨今。けれど、「手に入れることはできるけど、お勧めしないよ」という類のジャンルもある。例えば生ものとかをオークションサイトで一般の人から調達するのは躊躇するよね?(生産業者とかからならともかく)。

電気機器とかもそういうのは結構あったりする。基本的に損耗する部位があり、それが利用の際に大きな影響を与えるものは、新品を調達するのに越したことは無い。中古なりオークション品を手にするってのは、新品がもう手に入らない状態だったり、その安値の分だけリスクが生じるってのを覚悟した上での話。

例に挙げられているメモリは非常に良い例。使いつぶされて、もうほとんど寿命間近なのにそれを知らずして手にしたら、ほとんど使っていないうちに寿命になってしまったとかってパターンもありうる。また、商品保証は原則として転売品などにはつかない。例えるならほとんどインク切れのボールペンを買ってしまうようなもの。

まぁ、転売品などは模倣品のリスクもあるんだけどね。これは今件の「耐久度が削られている可能性が高い」ってのとはまた別の問題。

正規新品を購入すべきもの、転売品やオークション品でもかまわないものって区別は、自分の頭の中で明確化しておいた方がいい。区切りが曖昧になると、かえって損をしたり、さらには大きなダメージを受けてしまうこともあるからね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月22日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「別の視点から見た日本国債の保有者比率(2018年Q2まで)」です。

次の記事は「自分の感情判断「キモい」で区別をすること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30