うつの兆候というお話

| コメント(0)


この類の話に関しては強く強調しておきたいのだけど(なんかこればっかりだな)、当方は医師資格を持っておらず、またその方面の研究者でもないので、あくまで覚え書きと自前の経験談の上でのみの語りであり、学術的な裏付けなどはまったくないということで。

また、うつに関しては実に多様な病症、兆候があるので、これがすべてではないし、この兆候があったとしてもうつっぽいと断定できるわけでは無いということも併せて。

日々の生活で行っていたあれこれができなくなる、したいと思っていた欲求そのものが消失してしまう、突然電池切れとなったおもちゃのような行動をしてしまうってのは、理解はできるし経験則からも同意ができる。何かをしようとすると、それをしてもいいのか、しちゃいけないんじゃないだろうかというストッパー的な思考すら生じて、身動きが取れなくなる。

これがずっと続く場合もあるし、突発的に生じることもある。おかしい状況だなと自分で理解できることもあるのだけど、それをどうにかしなきゃいけないという動きが起きてこない。何気なくこなしていた人間らしい生活のためのモチベーションが、栓の抜けた風呂のような状態となって、抜け出てしまうのだな。

昨今ではこういう状況になったらヤバいので、しかるべきところの門を叩くべきだという見地が広まっているのはありがたいところ。そうするべきだという知識さえ得ていれば、その部分すら弾かれていない限り、何とかそこに向けて動くことはできると思う。あるいは他人に助けてもらわないと無理ということもあるのだろうけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月18日 07:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「投資の対象は色々と。機材だけじゃなくてご飯という観点もあり」です。

次の記事は「古いパソコンの処分をしました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30