「日英語表現辞典」がステキナイスらしいという話と、需給の関係と

| コメント(0)


実本の感想をいくつかたどってみたけど、おおよそ同じようなリアクションで、やはりこの本はよいものだというどこぞで聞いたようなフレーズを口にしてしまうような一品。当方は英語を勉強する、英語で仕事をというレベルのものでは無いけど、英文に目を通す機会は多々あるので、やはり一冊手に取っておかねばならないのかな......。


ということでアマゾンで確認したらプレミア付きまくり。ツイートした時点で1万円ちょっとだったのが、今見直したら2万円近くまで跳ね上がり、挙句の果てに在庫切れになっている。


これが昨日までの価格と在庫チャート。今ではさらに先に進んで、在庫が空になっている。元々出版が10年以上も前ので再版されていないようだし、在庫そのものが20冊も無かったので、あっという間に需給関係が崩れてどえらいことになってしまったようだ。

まぁ、さらに口コミが広まれば、出版社側も再版を考える...ということも今では難しいのだろうな、これ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月11日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「郵便物用の注意表記シールをキーホルダーにするという発想、とてもよい...」です。

次の記事は「瓶入りの飲料水と王冠の栓抜きと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30