やる気のない人を叱らない理由

| コメント(0)


義務教育の場合はサボったり怠けていたりすると怒られる。企業で働く人も同様。下手をするとペナルティを受けてしまう。自営業の人は自分の稼ぎにそのまま跳ね返ってくるから結局は自分で自分の首を絞めることになりかねない。

けれど大学などでサボっていても、講義そのものや他の学生の邪魔をしない限り、あまり怒られることは無い。その違いは、結局義務か否かってこととか、周囲に迷惑となるか否かということなのだろう。個別の学生が居眠りをしていたところで、ダメージを受けるのは当人だけ。周囲の学生も先生も影響は無い。まさに自己責任。それに対して一一チュウをしていたら、そのリソースの浪費分だけ他の学生の足を引っ張ることになる。


大学や専門学校...に限った話では無いのだけど、好き出来ているのだからという場所の場合、他に迷惑をかけるもので無ければ、特段注意はされない。まさに時間の無駄となるから。映画館に映画を観に来て、その場で居眠りをしていても、いびきをかいたり後ろの人に邪魔にならない限り、とがめられることは無い。それと同じ。

むしろサボっていたり寝ているといった、そういうことをしている人は、基本的に損をしているってことに気が付くべきなんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月 2日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「デタラメでも騒いだもの勝ちな世界」です。

次の記事は「自分の居心地のよい場所に足を運ぶ方が楽」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28