いたずら BANK みけねこ 調達

| コメント(0)


「購入」ではなく「調達」としたのは、該当するアマゾンのレビューを読んでもらえば分かる通り、アマゾンのプログラムのVineの仕組みを用いたからに他ならない。ただ、いたずら BANKって数年前に他種のを購入した記憶があるし、アマゾンの商品ページを見ても2016年発売となってるし......なぜ今頃、という感もある。

ともあれ。いわゆるギミック系貯金箱の代表格。昔、王様のアイディア的な場所で見かけた人も多いであろう、骸骨が棺桶から出てきて小銭をつかんでしまうってやつの子猫版。構造としてはシンプルで、モーター音がちょいとでかいのが玉に瑕。あと、お金を収めるスペースが小さいので、実質的に30枚ぐらいしか硬貨が入らないのだな。まぁ、500円玉を1日1枚入れて、毎月出していくっていう使い方がよろしいかと。


新しいバージョンではランダムでシャーと鳴くらしいので、何度かトライして映像に納めたりする。まぁ、子猫も確かに、ランダム的に突然怒ったりするよね。理不尽に。


で、何で2年前の商品が今頃Vineに......ということで商品ページを確認したら、どうやらマケプレ業者経由で中国製のコピーが大量に出回っているらしくて、クレームが殺到している状況だったりする。真面目に商品を提供している本メーカー側からすれば、勝手にコピーした粗悪品の話で自社商品の評判が落とされてしまうのはたまったもんでは無い、ということなのかなという勝手な推測。

まぁ、この類の商品はアマゾン自身の販売・発送品に限るってのが鉄則なんだろう。


オマケ。このビジュアルを見れば、当然これを想像しちゃうよね。「コイン それを置いたら、終わり。」的な。夢に出そうだけど、悪くはないな、これ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月18日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「古いパソコンの処分をしました」です。

次の記事は「名刺は自分の分身である」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30