米国の人達がいだく医療の問題

| コメント(0)


日本の保険医療問題と比較する形でよく話に上るアメリカ合衆国の医療問題。当事者たちはどのような不満、問題点を心に抱いているのか。最近では色々と忙しくてほとんど手が付けられなくなってしまって申し訳なさを覚える、同国の民間調査会社PewResearch社の調査結果から。

ざっと意訳的に訳してしまったので誤訳があるような気もするのだけど、ともあれもっとも多くの人が感じているのは、医療費が高過ぎて質の高い医療を受けられない、で83%。表現としてはこのままであっているはずだけど、本音としては「まともな医療を受けられない」の方が近いかもしれない。要は、金を積めばいくらでもよい医療体制を使えるけど、そうで無ければ相応なもの。地獄の沙汰も金次第。これもまた選択肢の一つには違いないけど、不満を覚えるのも人のさが。

まぁ、全員に極力同レベルの高医療を施そうとして、医療現場はパンクするわ、社会保障費は青天井になって崩壊しかねない日本の現状とどちらを選ぶかといったら......これもまた人それぞれ。中庸なのがいいのだろうけど、仕組みとしてそういうことは出来ないような気もする。

それにしても提示された選択肢の問題もあるのだろうけど、患者と医療提供側のギャップの大きさというか、医療業界内の問題というか、日米で大きな違いはないのだな、という部分も結構あったりする。この辺りはそれこそ、AIに一部を任せた方がいいのでは、という気もしてくるのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月13日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「転職の際の「お前のような低レベルは転職先など見つかるはずがない」」です。

次の記事は「タスポカードってどれほど使われているのかな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31