転職の際の「お前のような低レベルは転職先など見つかるはずがない」

| コメント(0)


実際にそのような場面を見たわけでは無いし、統計の類も取られていないので実情としてどれほど語られているのかは不明なのだけど。転職談としてよく見聞きするのが、このような現在いる会社から「お前はレベルが低いから、他社に行こうとしても引き取ってくれるはずがない。うちの会社で雇ってもらえているのを有り難く思え」なんて引き留めのセリフが語られるケース。

それを言った時点で言われた方が引き留まると思うこと自体、会社(の担当者)のレベルの低さが丸分かりな気がする。立場を変えて自分がそのような言葉をかけられたら、それでもその会社に留まろうとするだろうか。

この類の話は勢いで語られると何となく正論であるかのように思えてしまうのだけど、よくよく考えてみるとおかしな話だよな、というのがよく分かる一例。まぁ、こういう言葉をかけられて「なぜそのような『みたいな』程度のレベルの私を、ここでは雇っているのですか?」というツッコミを出来るほど肝っ玉が据わっているのなら、そもそもそういう言葉を気にすること無く、その会社を去るのだろうけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月13日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「上手く行っている時にこそ次の手を考える必要がある」です。

次の記事は「米国の人達がいだく医療の問題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31