日清食品 日本めし スキヤキ 牛めし 試食

| コメント(0)


先日紹介したような記憶もある、例のカレーメシの弟分的な存在のカップご飯の新作、スキヤキ牛めし。出先で見かけたので、ドタバタ感が強いスケジュールの中では食べるのにちょうどいいなということで、調達して試食。後で考えてみたら、写真を撮って感想を書いたら、かえってスケジュールが詰まるじゃないか(汗)。


で、第一印象としては加工食というか薬くさい。昔の加工食によく見られた、独特の鼻をつくようなにおい。あれが結構強烈だったりする。カレーメシではこんなことは無かったので、なかば実証実験的な商品なのかな、あるいは具材の関係で仕方が無いのだろうか。

その香りを除けば、大よそ及第点。スキヤキの締めに食べる雑炊みたいな、牛丼のつゆだくだくだくで牛肉が無いような、そんな感じ。猫まんま系の食事が好きな人にはピンポイント爆撃的なストライクのアイテム。時間が無くて何かちょいと腹を満たしたい時には、結構イケてるアイテムだと思う。

ただアマゾンのコメントを見ても、やはり独特の香りを嫌う人が多い。具材が少ないというかみみっちいのはこのタイプの食品上仕方が無いのだけどね。この点は今後の商品展開で活かしてほしいなあ、とは思うのだけど。方向性は悪く無いのだから。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月10日 06:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「セブンでもおでんの発売開始、そしてチョコミントシリーズが山盛り」です。

次の記事は「「ペヤング」のソースがボトルで発売されるとか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31