セブンでもおでんの発売開始、そしてチョコミントシリーズが山盛り

| コメント(0)
株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古屋 一樹)は、8日9日(木)より、おでんのつゆに"野菜の旨みを"追加して、お鍋の味全体に一層コクと甘みが増した2018年度の「おでん」を、全国のセブン‐イレブン20,437店(2018年7月末現在)にて順次発売いたします。

先日のローソンに続きセブン-イレブンでもおでんの発売を開始。タイミング的にはもうあれだ、お盆に霊前に出す料理としておでんをどうぞ、的なアプローチでもいいんじゃないかというぐらいの状態にある。まぁ、バレンタインとか恵方巻の話もあるし、本当にそんなプロモーションをやらかしてしまいそうな気もするのがちょいとコワイ。

でも惣菜としてはおでんってホント、優秀なんだよね。単独でもおつまみとしてもおかずとしても。


気温云々ってのは先日のローソンのおでんの時に触れたけど、こういう発想があったのはなるほど感。確かに自分でこの時期におでんを作るのはツラいよね。でも目の前にあったら食べたくなるのが人のさが。頭いいなあ、と。

セブン‐イレブンでは、昨年8月よりチョコミント味のスイーツを販売し、大変ご好評いただいており、このたび盛夏に合わせて新たなラインアップとして4品をご用意しました。ふんわりもちっとした生地が特長の「もこ」シリーズからは、生地を爽やかなミントカラーに仕上げ、相性が良いチョコチップ入りのミントクリームを合わせた『チョコミントもこ』が新登場。また、ドーム型の形状が特長的な『チョコ&ミンティケーキ』は、オリジナルのザクザク食感のチョコクッキーを、すっきりした味わいのミント風味のクリームで仕立てたムースで包み込んだ、見た目と食感を楽しめる商品として、今回新たにラインアップしました。

セブンつながりでもう一つ。ついにチョコミント系のアイテムを集めてキャンペーン的なものをやってしまおうという話。チョコ民党としてはありがたいお話に違いない。

で、「もこ」ってなんだろうということでちょいと調べてみたら、セブン特有のスイーツで、シュークリームのような造形なんだけど、皮がもう少しもこもこしていてもっちりとした生地を使っているのと、中身がぎっしりと詰まった和洋折衷的なものとのこと。なんだかこんなことを書いていると、一つ食べてみたくなった。今度機会があれば、チェックをしてみることにしよう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月10日 06:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきらら2018年9月号 読了」です。

次の記事は「日清食品 日本めし スキヤキ 牛めし 試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31