Sサイズが税込み100円とか、セブン-イレブンで生ビールサーバーの試験導入が始まったようです

| コメント(0)
セブン‐イレブンの一部店舗で7月17日より、注ぎたての生ビールを楽しめる「ビールサーバー」が導入されることが分かりました。Sサイズが税込み100円、Mサイズが税込み190円。ビールサーバーは東京都三鷹市の「セブン-イレブン 三鷹牟礼6丁目店」など数店舗で試験的に導入される予定。手軽にコーヒーが楽しめると人気の「セブンカフェ」と同様に、カップを購入するスタイルで、サーバーの「ビールジョッキボタン」を押すことにより、注ぎたての「キリンビール一番搾り」が楽しめます。

実導入店舗での写真が掲載されてざわ・・・ざわ・・・的な騒ぎとなったのが、今回のセブン-イレブンでのビールサーバー投入の話のきっかけ。まぁ、フェイクだのネタだのという可能性もあったけど、複数の報告が相次いでいるし、法人の報道機関も確認の上ネタではないという形で掲載しているので、間違いでは無いよね、と。

現時点ではセブン-イレブンからの正式リリースは一切なし。ただ、ドーナツの導入の時にも随分と前から実証実験的な導入は行われていたし、その時にはほとんどリリースが無かったので、これは仕方が無いのかなあ、と。数日中にテレビニュースでも伝えられるとは思う。

今件については色々と思惑がある。冬場のビールはちょいとアレなので、夏場限定になるのだろうけど、おでんや中華まんと入れ替え的なタイミングにすればいいわけだし、価格的にはちょい飲みって感覚で100円玉で買えるのはお手軽すぎてヤバい気もする。確実におつまみも購入するだろうから客単価の底上げには貢献する。ビール会社も需要減で頭を痛めているから渡りに船。

他方、イートインやコンビニ周辺の環境の観点では確実にマイナスとなるし、酔った人によるトラブルのリスクも跳ね上がる。教育上よろしくないという指摘も入るだろう。メリット・デメリットが多すぎて、混乱が生じるのは必至だろうなあ、というのが個人的感想。まぁ、店舗を絞った形での展開となるのかな、と。

ともあれ、今後の広がり具合や正式なリリースを待ちたいところではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月15日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「プッシュ型支援とフリーライダーと」です。

次の記事は「連休中どころか7月下旬まで高温が続くようです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31