子供向けスマートウォッチとマーケティング

| コメント(0)


デジタル機器の進歩はすさまじいもので、子供へのアプローチも「この発想は無かったわ」的なレベルのものがどんどん登場している。その実装機能を見渡すと、指摘されている話も非常に現実的かつ有意義な話には違いない。

個人ベースでは単なる子供の戯言的な行動だけど、それが積み重なることによって、子供の領域の行動性向の実情が浮かび上がってくる。いわゆるビッグデータというもの。無論、その端末の利用スタイルとか機能によって左右されうることには注意が必要だけど。

子供の興味や関心の対象ってのは読みにくいところがある。それを勝手にデータとして取り込んでくれるってのは、使い方次第では最強のマーケティングツールに違いない。それこそ一定の規約を結んでデータの悪用をしないということにした上でビッグデータ的な利用を許すのなら、タダで配ってもいいんじゃないかという気はする(実際に無料で配ると雑に使われたり悪用されたり転売されるのがオチなので、ある程度の値付けは必要だ)。

まぁ、社会的にヤバいものをデータ化しちゃう可能性があるので、その辺りをどうするのかは考える必要があるのだけど。自分自身や近親者のマズい写真を勝手に撮ったり、プライバシー情報を分からずに流してしまう可能性は否定できないからね。

個人的にはこの考え方、子供向けだけじゃなくて高齢者向けでも同様の仕組みとして使えると思う。デザインや機能の方向性はいくぶん変える必要があるけど、基本は同じ。


Googleレンズに限っても(日本語は対応済み)、子供に使わせて好奇心の充足ツールとしたり、検索のあれこれを習得させる機会とするのはアリだと思う。検索上位が正しいものだとは限らない、とかね......ってその辺りを知るためには、そもそも論としてある程度の土台となる知識が必要なのだけど。

検索エンジンは便利だけど神様じゃないからねえ。指し示した上のものが常に正論であり真理とは限らないのだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月29日 07:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソーシャルメディアを実行動に例えると」です。

次の記事は「台風コロッケと物事の由来と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31