「えび謎肉」ってなんだ? なシーフードヌードル登場

| コメント(0)
「珍種謎肉」シリーズは、"謎肉*" の新たなおいしさを提案するカップヌードルの新シリーズです。 第2弾となる「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」に採用したのは、魚肉と大豆をベースに香ばしいえびの風味をきかせた「えび謎肉」です。スープは、おなじみのシーフードヌードルのスープにローストしたガーリックをきかせ、レモンの風味をアクセントに加えました。さらに、「えび謎肉」から香ばしいえびの風味が染み出し、濃厚で香り豊かな一杯に仕上がります。ハワイのB級グルメであるガーリックシュリンプをカップヌードル流にアレンジした夏にぴったりの一品を、ぜひお楽しみください。

昨日は日清から山ほどの新作リリースが登場していたのだけど、中でも目を引いたのがこの「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」。いや、当方自身はシーフード系はまったく苦手なのだけど、パッケージの「珍種謎肉」ってなんだよ、それってのと、リリースの「えび謎肉」という言葉につられてチェック。

説明によると、例のカップヌードルシリーズに入っている謎肉にスポットライトを当てて新しい美味しさを提案する「珍種謎肉」シリーズなるものがいつの間にか登場してて、これが第二弾なのだそうな。ちなみに第一弾は6月11日に発売された「カップヌードル スモーキーチリしょうゆ味」に入っている「チリ謎肉」。知らなかったよ、そんなの。

で、今回の謎肉は「えび謎肉」。魚肉と大豆をベースに香ばしいえびの風味をきかせたってことだけど、見た目が白と朱色でなんだか海老せんべいみたいな感じ。謎肉というよりは未来の簡易食品みたいな雰囲気。

味わいの方は食べてみないと分からないけど、えびそのものが好きな人にはベストマッチな謎肉になるかもしれない。個人的には以前の景品にあったように、謎肉だけ別売りにしてくれると、単なるカップヌードルの具材としてだけでなく、色々と応用が利くので嬉しいなあとは思うし、今回のように海産系の謎肉には、料理の新たな道を開く原動力があるような気もするのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月10日 06:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大人の迫撃砲は面白そうだね」です。

次の記事は「JR東のSuicaとドクタースランプとのコラボって、何でかな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31