とりあえず外に出て他人と同じ空気を吸い、人間相手で無くて良いから心情を体現化すると良い

| コメント(0)


なんか気分がのらないので休んでみたら、その勢いでどんどん休んでしまい、気が付いたらずっと休んでしまったとか、一日ぐらいこれはサボってもいいやと日頃やっていたジョギングをパスしたら、ずるずるひきずってやらなくなってしまった。こういうのってよくある話。進捗云々は仕事とが学問の方面の話だけど、それだって似たようなもの。

ちょいと道を踏み外して転げ落ちると、結構容易に転がってしまう。それを選ぶのも自分自身だけど、結構勿体ないし、転げ落ちた後に復帰するのは超大変。大学なら、とにかく足を運んでおくこと。ルーチンワークでもツライって時はあるけど(病気とか用事なら話は別)、モチベーションの問題とか、何か自分の進捗で顔を出しにくいなぁという状況なら、とにかく顔を出して、誰かに聞いてみる、相談するってのがいいのだろう。自分一人でもやもやしていたら、ぐるぐるとマイナススパイラルに陥る可能性は多々ある。


以前本家サイト辺りで、頭の中のもやもや感があったら、ホワイトボードや大きな紙に箇条書きにしてみること、体現化して自分自身で咀嚼することで、何がもやっているのか、苦しいのか、つらいのか、分からないのかがはっきりするというライフハック......というかテクニック的な話をした。テディベアとかペッパーに話しかけるってのは、書くことと口にすることの違いはあるけど、方向性としては間違っていないというか同一のものだと思う。

よくツイッターで奇妙な戯言というか愚痴をこぼしているのを見かけるけど、あれも実はライフハックというか心理学的には正しい方法論なわけだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月20日 07:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「調子が悪い、モチベーションが落ちているかなと自覚できた時の対処リスト」です。

次の記事は「サイゼリヤの全面禁煙化への動き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31