高圧縮されたような発泡スチロールってスタイロフォームっていうんだ

| コメント(0)


先日レゴのフィギュア用のひな壇を作った時、実際に使ったのは普通の発泡スチロールだったけど、最初はこの硬い発泡スチロールのようなものを使うつもりだった。エアコンなどの梱包材ではよく見かけるのだけど、名前が分からなかったし、100均では見つけられなかったので、仕方なく普通の発泡スチロールを用いたのだけど......。

これってスタイロフォームっていうのだな。電熱線で切った方が切りやすいのだけどカッターナイフでも切れないことは無いし、何よりそれなりに硬さがあるので使いやすい。今回はもう必要数を作ったのでこれ以上作る必要は無いのだけど、覚えておくと何か別のものを作る時に便利かな。


展示用の台座として使う際にも結構使い出がいいとの事。まぁ、軽いし硬いし加工もしやすい。断熱性の高さは...何か使う機会があるのかもしれないな。まぁ、窓に全部貼る訳にはいかないけどね(笑)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月14日 06:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「G対策の一例を、とにかくエサを用意するな」です。

次の記事は「ノートンのファイル指定での直接スキャン機能「今すぐスキャン」が復活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30