欠けた歯の対処法

| コメント(0)


歯そのものはそれなりに硬度はあるのだけど、色々なダメージを受けやすいし厚みの問題もあり、ふとしたはずみで欠けたり抜けたり割れたりすることがある。プラモデルのように接着剤でつけられれば簡単なんだけど、人体はそういうわけには行かない。

で、何かのトラブルで歯が抜けたりした場合、当然専門医に駆け込むわけなんだけど、その時に対象の歯をどうやって保全し、持ち込むか。そういやこんな話は聞いたことがあるなあということで覚え書き。牛乳に関しては当人が牛乳アレルギーを持っていない場合に限るとか、低脂肪乳はダメだよとかいうのもちらほら見聞きした気が。まぁ、個人ベースで生理食塩水をすぐに確保できるってわけでは無いし。


この類の話は語り手が専門職であっても、普段の言及がまともでも、一応裏付けを取る必要がある。ということでいくつか探り、間違いのないとの確認を。外傷歯保存用セットとかいうのもあるんだな、知らなかったよ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月12日 07:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「みずほ銀行のシステム移行とそれに便乗した詐称事案と」です。

次の記事は「救急搬送者比率は1歳児が最多という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31