塩あずき味のポテチとかどういう味なのだろう

| コメント(0)
山芳製菓が、6月25日に新商品「ポテトチップス 塩あずき味」を発売します。「あずきバー」の井村屋監修の元、夏に向けて「冷やして食べるポテトチップス」という新しいポテトチップスの食べ方を提案するとのこと。すごい提案が来ちゃったなこれ。

要は井村屋の名物であるあずきバーの味わいを楽しめるポテトチップスで、常温だけでなく冷やしても美味しく頂けるとのこと。あずきパウダーを使うことでポチチにあずきバーの味をつけるという、何だかかなり無茶なことをしている気もするのだけど、開発側が満足しているのから別にいいのだろう。

ただ、プレスリリースを見る限りでは実商品の見た目がどのようなものか、現時点では不明なんだよね。じゃがいもの薄茶色にあずきの紫が混じったような、サツマイモ的なポテチなんだろうか。何だかビジュアルの観点で色々と話題に上りそう。

問題なのは味があまり想像できないこと。いや、ポテチとあずきバー、それぞれ単体は容易に口の中にイメージを再現できるのだけど、その組み合わせというのは普通想像しないからねえ。果たしてどんな味になることやら。

6月25日の発売が楽しみではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月12日 06:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「お金があると人は変わる。良い意味でも」です。

次の記事は「カレーヌードルに温玉を、これほど素晴らしいものは無い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30