まんがタイムきららキャラット2018年8月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきららキャラット2018年8月号
↑ まんがタイムきららキャラット2018年8月号


表紙は「ブレンド・S」。テレビアニメのBD・DVDが発売中ということで「お待たせ!」的なキャッチ付き。カラーリングも併せ、表紙のデザインとしては秀作。ああ、でも図書カードだと背景が黄色と白の水玉模様になっちゃうのね。

■ブレンドS......巻頭カラー。いきなりラクガキか、と思ったらこれプリクラなんだな、きっと。デート回とあらばこんなのもいいね。しかしカラーページでそのボケ倒しが出るとは。それらしい感もあるけど。そこかしこから伝わってくるもどかしさと幸せさがたまらない。それにしても「プリクラ」って商標の問題があるのか。
■キルミーベイベー......季節外れの福袋。あるある話が花盛り。いや、中盤以降はそんなものは無いというツッコミの方が多い。今回はオチが特に秀逸。
■NEW GAME!......今回も2本立て。1本は進行中のあれこれ。まぁ、ゲーム会社では良くある話。もう1本はおフランスでのやりとり。関係無いように見えて、実はつながっている。
■RPG不動産......元々そういうことがあった世界ってのは分かるけど、事が済んだ後に魔王城がそういう使われ方をしているって話はあまり聞いたことが無いし、それを上手く話しに取り込んだのはなかなかステキ。
■まちカドまぞく......憑りついた魔族の完結編。巻中カラーでいきなりそれかい。しかも女の子ファンタジー四コマで「ケツ毛」は無いと思う(笑)。なんかタイトルの意味が分かってきたというか、町づくりシミュレーションの感じがしてきた。
■異なる次元の管理人さん......色々と謎が解けてきていい感じになった人達もいれば、ここ数回少々おかしな展開だったり反応を示していた人の正体がちらりと。以前話にあがっていた元の世界の話はどうなってるんだろう。


次号は「アニマエール」が表紙。「RPG不動産」が新連載開始......ってあれ?これまでゲスト扱いだったのか。休みなしで連載突入ってのは、よほど人気が出たのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月28日 15:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「記者の限界と元々の能力と」です。

次の記事は「「ベーコンマックポーク」がようやく再登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31