バーズにYOU、相次ぐ雑誌休刊のお知らせ

| コメント(0)
月刊バーズ(幻冬舎コミックス)が6月30日発売の8月号をもって休刊する。本日5月30日発売の同誌7月号で明かされた。1986年にコミックバーガーという誌名で創刊されて以来、スコラ、ソニー・マガジンズ、幻冬舎コミックスと、出版社や誌名を変えつつ発行され続けてきた同誌。

四半期ごとに本家サイトで展開している印刷証明付き部数の記事でも、数年前と違って現状では「電子版が多分に売上を得ているので、今件はあくまでも紙媒体版のみのお話だよ」とことわりを入れるようにはしているけど、紙媒体版に限っても勢いが落ちていることは否定できない雑誌業界。それにしても、こういくつもの雑誌の休刊が発表されるとは......。

ということでまずはバーズの休刊。正直、コミックバーガーが色々と変遷の結果バーズになったというのは初めて知った。コミックガーバーは読んでいたような記憶もあるのだけど。印刷証明付き部数は非公開。連載などの今後の動向は、次号の休刊号で発表するとのこと。「掲載媒体は変わりますが」とあるので、同社他雑誌にシフトか、あるいはウェブ版の展開という形になるのかな。

集英社は30日、80年に創刊された女性向け漫画誌「YOU」が18年10月15日発売の11月号をもって休刊すると発表した。

バーズの休刊と前後して話が入ってきたのが、このYOUの休刊。休刊号は10月発売号とまだちょいと先だけど、準備の上での休刊決定発表は結構な英断かと。印刷証明付き部数は確かに下降してたけど、その下がり方なら他誌も似たようなものだしなあ......。色々と思惑が内部にあったのだろう。休刊理由として報道向けの資料では「女性読者のコミックス志向、デジタル志向が進み、漫画雑誌離れに歯止めをかけることができませんでした」とあるけど、YOUは電子版もあったわけで。表現ハードルの低下と選択肢の増加に伴い、雑誌でまとめて作品を読むというスタイルに距離が置かれるようになっているのかもな、と。セットを買うより単品で、という感じ。


以前も紹介した、休刊誌の一覧と、それにまつわる所感。雑誌業界は以前から新陳代謝があって休刊そのものは珍しくは無いのだけど、その新陳代謝の際にコスト計算の難しさから、紙媒体版での展開が断念されるという指摘はあながち間違っていないかなあ、と。しかも、雑誌のようなまとめ買いは敬遠される、的な。その方が合理的ではあるのだけど、その分、新作が見いだされる機会が減るわけで(雑誌という名のセットで買ってみたら、案外面白かったから......という出会いの場が減る)、新しいビジネスモデルの構築が急務なのだろうとは思う。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月31日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「猫な形のゲタはいかが」です。

次の記事は「雑誌とかの記録ってどこまで......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31