ミスドで新メニュー続々登場

| コメント(0)
株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が運営するミスタードーナツは、幅広い時間帯に利用していただける軽食事メニューとして「ホット・セイボリーパイ ハムと煮たまご」「セイボリーサンド・ドーナツ ハムコーン」「トッピング・ホットトースト コーンとたまごチーズ」「ピリッとサルサチーズドッグ」の計4種を発売します。この度発売する軽食事メニューは、夏に食べたくなる具材を使用して、季節を感じていただけるようにしました。

ドーナツの市場をコンビニに食い荒らされたけど、コンビニのドーナツも大ヒット継続中ってわけではなさそうなので、ミスドにしてみれば勝手にやってきて市場を荒らされただけという思いが大きいのだろうなあ、と。そんなミスドは案の定色々と頭を抱え、喫茶店のモーニングメニュー的なものを始めたのが昨今の動向。牛丼屋が最近夕食メニューを提供するようになったのと動きは似ているし、ハンバーガーチェーン店が最近さらに朝食に注力しているのと方向性は似ている。

ミスドの朝食っていうと結構オシャレそうに見えるし、実際に提供される「ミスドゴハン」の中身も、今回の新メニューも併せ結構よさげ。ミスドにはコーヒーがちゃんとあらかじめ用意している辺りまで考えると、やはり喫茶店をイメージしているのだろうなあ、と。

ただ、コスパ的にはどうなんだろうという気がするのは否めない。喫茶店のモーニングと比べると、100円玉数枚分は上乗せしなきゃならないような気がする。

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が運営するミスタードーナツは、"ピエトロ"監修のソースを使用したパスタ『蒸し鶏のジェノベーゼ』『蒸し鶏とアスパラのレモンクリーム』の計2種を発売します。 この度発売するパスタは、パスタレストランを手掛ける"ピエトロ"が監修したパスタソースを使用した商品です。食材には"レモン" や"ガーリック"などを使用して、暑いときにもさっぱりと食べていただけるよう仕上げました。


『蒸し鶏のジェノベーゼ』は、チーズとガーリックを効かせ、アクセントにアンチョビを入れた風味豊かなバジルソースに、蒸し鶏をトッピングしました。『蒸し鶏とアスパラのレモンクリーム』は、クリーミーさとレモンのさっぱりとした味わいが特徴のレモンクリームソースに、蒸し鶏とアスパラガスをのせ、色鮮やかな夏らしい色合いに仕上げました。


もう一つはピエトロとコラボした上でのパスタ。悪くない感じ。だけどちょいとやはりコスパがねえ。ピエトロブランドで味も抜群なんだろうけど、お気軽にミスドでパスタとなると、もうちょっとハードルが低くてもよかったかな、と。飲茶シリーズと比べても、少々お高めな気がする。

まぁ、価格がちょいと張るようなものだからこそ、魅力的だという見方もできるので、あるいは価格もまた商品のブランド力として考えているのかもしれないけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月18日 06:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッターの荒らし表示低下機能実装へ」です。

次の記事は「アマゾンのプライム会員で実スーパーの商品がお値打ちに? 米国のお話だけど...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31