アマゾンのプライム会員で実スーパーの商品がお値打ちに? 米国のお話だけど...

| コメント(0)
マゾン・ドット・コム傘下の米高級スーパー、ホールフーズ・マーケットは16日、アマゾンの有料会員向けの割引を始めると発表した。店頭のセール商品をさらに1割値引きするほか、週替わりで人気商品を会員にだけ割引する。会費を2割値上げした代わりに特典を増やし、会員の獲得やつなぎ留めにつなげる考えだ。

日本ではまだあまりピンとこないお話で、それもそのはず、アマゾンか傘下に収めたスーパーホールフーズ・マーケットってのは日本には無いからね。もっとも、規模としては随分と大きなもので、アマゾンの決算短信にも影響が結構出てて、それ関係の記事でも言及した記憶がある。

で、お話としては、アマゾンのプライム会員の年会費を上げたことで会員数が減るのは困るから特典を増やそう、その特典の一つとして傘下の実スーパーの割引も受けられるようになるよ、というまでの話。シンプルだけど、面白い。実店舗を持っている強みが出ている。

まぁ、似たような話は例えば、トイザらスオンラインに登録しておくと、そこから発行されるクーポンを実店舗でも使えるようになる、という感じかな。ただ今件は有料サービスを使っていると得られる特典ってことだから、もう少しハードルは高い。

極論として、アマゾンのオンライン上のサービスを滅多に使わない人でも、ホールフーズ・マーケットを使っている人ならば、プライム会員に登録する意義はあるかもしれない、そう思わせる値引きではある。年間119ドルだから月あたり10ドル。ホールフーズ・マーケットの使い方次第では、その何倍もお得になるからね。アマゾン側から見たら、ホールフーズ・マーケットでの売上も結局自社に入るまでの話なので、身内での損得勘定になるから何の問題も無い。

例えば日本でもウォルマートが専用のオンライン有料ウェブサービスを始めて、西友での割引もしてもらえるよ、という話になるのだろうか......例えとしては合っているけど、現実性を考えると少々難しいな、これは。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月18日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ミスドで新メニュー続々登場」です。

次の記事は「良いものを目に留めたら素直に「いいね」を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31