ネットや同人誌の履歴が突然途切れるのを見つけると

| コメント(0)


ソーシャルメディアは容易に履歴をさかのぼれるので可視化されやすくなったこともあり、この類の話はよく目に留まるようになったのだけど、実のところはそれに限った話では無く、ブログやウェブサイトでもそうだし、同人誌や商業誌でも変わらない。

突然連載が止まってその後消息不明になった漫画家先生とか、定期的に同人誌を出していたのにある機会を境にそれが無くなったりとか。ブログやサイトでも色々と探している中で連載的に、継続して掲載されていたものが、何の前触れも無く更新がぱたりと止まっていたり。ゲームや物語のシチュエーションとしては時折見られる、数十年前に書き込みが止まった日記を見つけて、その時の情景を思い返すような気分になる。

なぜそこで止まったのか、理由は本人に聞いてみないと分からないし、聞けるような内容ではないのが多分だろう。少しずつ更新頻度が落ちていくってのは、その対象への熱意が醒めていったり、身体的な問題とか、周辺環境の変化があった可能性もある(受験とか就職とか結婚とか引っ越しとか)。突然動きが無くなったものとしては、事故や病気の可能性も否定できない(特に震災後、その類の話はちらほら耳にしている)。

流れが止まったまま、残されている情報を見るに、それもまたその人・作品における歴史の一つではあるのだけど、悲しくはあるのも事実。


ツイッターに限ってもそういう類のは多々見受けられる。無論、実は別アカウントでとか、Facebookとかnoteとかpixivなどの別メディアにシフトしたケースもあるのだろうけどね(特定のメディアでのやり取りに疲れた感)。

今件で指摘されているのは絵を描いている人、同人誌界隈での話だけど、レゴ系のブログでも結構そういう「突然更新が途絶えた」ってのがあったりして、色々と実情を想像すると、やっぱり悲しいのだよね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月12日 07:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アバターで格差社会」です。

次の記事は「長時間労働と睡眠不足による効率の低下と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31