移動時の写真掲載の意味

| コメント(0)


ここ数日飛行機搭乗時の写真を掲載しただの、その行動を忌避するだの、その忌避の動きがどうだのと、奇妙な話が挙がっている。元ネタが某写真週刊誌ってことで当方的には終了なので(元々炎上目的の高可燃性ネタ記事をネット上に上げるから炎上するのは当然の話)、それ自身はさておくとして。

飛行機搭乗時の写真をのせる意味について、色々と考えていたところこういう指摘が。要は自分自身の忘備録と、有無を言わせない証拠づくりというもの。まぁ、ソーシャルメディアは自分にとっての人生の履歴のようなものであり、かつ修正そのものが出来ないツイッターならば証拠能力も高くなる、と。Facebookは修正が利くから色々といわれるかもしれないけどね。ブログなどは同時にアーカイブをとっておけばいいんだろうか。

あと、指摘にある通り、自分自身の行動履歴を公開する事で、下手に手を出させないという考えもある。まぁ、乱暴なところはそれでも手を出すのだろうけど。

他方、外務省のコラボ記事などでも指摘されていた通り、海外での行動、特にリスクが高いところでは、自分の行動履歴の公開はハイリスクになることも要注意ではある。犯罪組織に悪用される可能性があるからね。

ああ、国内でも自分の居場所を特定されてストーキングを受ける可能性とかを考えると、宿泊先の写真をリアルタイムで表示したり、自宅近所の状況を映すのは問題があるのか。これはこれで問題があるし、ケースバイケースだから、マニュアル化が必要なのかもしれないなあ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月 3日 07:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「SIPRIの軍事費最新レポートが発表」です。

次の記事は「居場所は勝手に出来るものでは無い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31