あの「ファイルマネージャ」がWindows10でも使えるように

| コメント(0)
米Microsoftは、Windows 3.x向けに提供されていた「ファイルマネージャ」をオープンソース化し、GitHubにソースコードを公開した。また、Windows 10を含む現行の32/64bit Windowsアプリとしても利用できるようになっている。

かつてのWindows系のファイル管理ツールとして名を知られていた「ファイルマネージャー」。使った記憶もあるような無いような、なんか別の企業のアプリケーションじゃなかったっけかと、見聞きした情報が脳内でごちゃごちゃになっている感じがする。似たようなツールは使っていたはずなんだけど、今のOSの標準実装のファイル管理ツールであるエクスプローラーの使用体験がばっちりと上書きされてしまっていて、よく覚えていない。

ともあれ、その「ファイルマネージャ」がオープンソース化されるとともに、現状のOSでも利用できる形となった。

昔の操作系を懐かしむだけならともかく、実利用するか否かは微妙なところ。エクスプローラーに慣れてしまっていると、もうファイルマネージャーには戻れないかな、戻るメリットはないんじゃないかなという気がする。

まぁ、興味がある人はぜひお試しあれ......ってこれ、エイプリールフールネタではないよね。うん、大丈夫。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月11日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ファミマが店舗内部もリストラクチャリング」です。

次の記事は「待ち合わせ場所の必然性が薄れている時代」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30