麻疹の実情

| コメント(0)


当方は医療従事者では無いので麻疹の感染リスクや対処方法、疑いがあった場合の対応方法に関しては現時点ではノータッチということで、ちょいと調べる機会があった現状の確認データを。そういや確かに「過去の病気」云々ってあるけど、完全に撲滅されているわけじゃあないのだよなあ、ということで厚労省検疫所のお話が。


で、せっかくなので厚労省のデータ、さらにはそこからWHOのセミリアルタイムのデータを。先進国でもそれなりに感染疑い報告がなされているのだなということとか、それでも対人口比で見ればやはりそれなりに少ないし、新興国の方が比率は大きめになっているので医療技術の浸透は大きな意義があるのだなということを再確認。

最近では狂犬病関連で反ワクチン界隈や報道が色々と騒いでいるけど、自我のちょっとした充足とか自己満足のために、社会全体に悪影響を及ぼす行為ってのは、社会生活を営む存在としては失格ではないのかなと思う今日この頃ではある。中にはそれを生業としている人もいるからタチが悪いのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月30日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スマホと電話アンケートと」です。

次の記事は「子供によるベランダ締め出し対策に布団ばさみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31