エビデンス 無けりゃ伝える 価値は無し

| コメント(0)


タイトル落ちという致命的なタイトル付けのお話。報道界隈では「関係筋によると」「関係者によると」といった形で、該当事案の周辺、あるいは内部の人物による情報源からの情報という形で色々と伝えられることが多い。でもそれって、情報として正しいのか、報道してよいレベルの正確性を持つものなのか。

何らかの事情で情報源を明らかにできない理由はある。それは分かる。けれど発信元が責任を持たない、持てない情報にどれほどの価値が、意味があるのか。それがまったくのデタラメであるかもしれないし、発信元が意図的に流したフェイクなり情報操作によるものかもしれないし、発信元そのものが事実を知っていなかった可能性もあるし、さらには発信元自身が存在していない、報道側の脳内関係者の可能性も否定できない。

以前も似たような指摘をしたところ、言い回しによってどの辺りの界隈かなのかは、報道内で内規的なものとして決まっていると逆切れされたことがある。そんなもの知らんし、対応表を明確に開示していない以上、内輪ネタ以上のものでしかない。それに情報そのものの確からしさの担保には何の意味も無い。先日の大阪地検の話がよい例だよね。


極論ではあるけど、間違いともいえない。少しでも関係していたら誰だって関係者。エビデンスが無い情報に、どれほどの価値があるのだろうか。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月29日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「電子版が通常版、紙媒体版が初回限定版という時代にも?」です。

次の記事は「スマホと電話アンケートと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31